【S14 最高最終2107】鉄拳ペリラグミミッキュ

S14お疲れ様でした。今回は初めて2100に載せることが出来たので、記念に記事を書きます。並びはこちら。

f:id:scanpoke777:20190403023806p:plain

 

今期は終盤までレートが思うように伸びず、良い構築も思い浮かばなかったので、kyotounivpokeのサークル仲間であるsuica(@suica69065574)さんの構築を使用することにしました。水Zペリ+きあパンラグ+電磁波ナットの並びが非常に強力だと感じたのが使用するに至った最たる理由です。

suicaさんの記事はこちら。

鉄拳ペリラグナット【s14 最高最終2011】 - 国際孵化勢のレート日記

 

【コンセプト】

ペリッパーの単体性能を高くすることで、雨ターンを最大限活かす。

ナットレイの電磁波により構築の対応範囲を広げる。

・水Zペリ+きあパンラグで汎用性を保ちつつ崩し性能を持たせる。

・誘うリザYには両刀マンダで対応。

・雨パに必ず出てくるゴーリを挑発ゴーリで餌にする。

・初見殺し要素を多く取り入れることでeasy winを狙う。

 

【個別解説】

強いと思った点を書きます。

 

ペリッパー @水z

・性格:控えめ

・特性:雨降らし

・実数値(努力値):

  167(252)-63-121(4)-145(132)-91(4)-100(116)

・技:暴風/ハイドロポンプ/冷凍ビーム/とんぼがえり

 

調整

HB:特化マンダの捨て身を82%で耐え

S:ブルル意識

C:余り、雨下水ZでD4振りグロスに175~ダメージ

 

Zを持ち単体性能を上げ、負荷をかけやすくすることで雨ターンを有効活用出来る。カビゴンをドロポン+水Zで落としたり、ギルガルドミミッキュの影打ち圏内にできるのが強力であった。

ペリッパーは火力を持たないと思われがちなため、舐めて突っ張ってくるグロスやHPの減った耐久ポケをカモにすることが出来た。初手ペリッパーデンジュモク対面は相手視点エナボ安定なため、水Zがよく通った。他の電気はさすがにラグ引き。

 

 

ラグラージ@メガ石

・性格:意地っ張り

・特性:激流

・実数値(努力値):

  175-222(252)-130-×-131(4)-122(252)

・技:滝登り/地震/冷凍パンチ/気合パンチ

 

調整:ぶっぱ

 

気合パンチはムドーの羽やポリ2などの自己再生のターンに使う。この技の何が強いかというと、相手の回復技の下から撃てること。これによりムドーは雨無し滝圏内に、ポリ2は雨滝や地震圏内に入れることが出来るため、簡単に崩すことが出来る。ムドーを崩した後にミミッキュを通す動きが非常に強力であった。

他は普通のラグと一緒。雨パ使いの方は@1にきあパンを入れてみてはどうでしょうか。

 

 

ナットレイ@イアの実

・性格:呑気

・特性:鉄のトゲ

・実数値(努力値)

  180(244)-114-185(140)-×-152(116)-22

・技:やどりぎのタネ/ジャイロボール/タネマシンガン/電磁波

 

調整:ツルギの聖剣やガルドの霊Z意識

 

電磁波を採用することでペリラグナットの雨選出でもツルギをペリと合わせて処理出来るようになったり、ミミッキュルカリオやリザの上を取れるようになったのが強力だった。運に任せるような電磁波は最終手段としてしか使わないようにした。

 

 

◯ボーマンダ@メガ石

・性格:やんちゃ

・特性:威嚇

・実数値(努力値)

  171(4)-216(252)-150-140-99-172(252)

・技:捨て身タックル/地震/流星群/大文字

 

調整:ぶっぱ

 

カバリザなど、リザがXだと断定できないパーティに選出する。雨が初手リザYを誘うので、初手に合わせに行けばeasy winを狙える。リザが初手に来なくても電磁波ナットがニトチャの起点にならない上、そもそも交換読み電磁波が決まるので、楽に対処できた。

 

ミミッキュ@気合の襷

・性格:陽気

・特性:ばけのかわ

・実数値(努力値)

  131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

・技:影うち/シャドークロー/じゃれつく/剣の舞

 

調整:意地グロスミミッキュを抜きたいため最速

 

個人的に構築のMVPはラグでもナットでもなくこのポケモン。本当に強かった。

ゴーリが耐久ポケの選出を抑制してくれたり、出てきても水Zペリときあパンラグで崩せるので、襷ミミッキュの崩しの少なさはカバーできた。

ペリラグやマンダで相手を削った後に非常に通りが良く、終盤の詰め筋として強力であった。特にマンダ軸、グロス軸には勝利に大きく貢献してくれた。

 

 

◯オニゴーリ@食べ残し

・性格:臆病

・特性:ムラッけ

・実数値(努力値)

  177(172)-90-105(36)-101(4)-106(44)-145(252)

・技:フリーズドライ/挑発/身代わり/守る

 

調整:テンプレ

 

ゴーリ対策および耐久ポケの選出誘導の役割を持つ。

この構築はゴーリを非常によく誘うため、逆にカモにするために挑発ゴーリを採用した。ゴーリにゴーリを後投げしても相手はほぼそのまま居座ってくるため、相手の裏まるごと崩壊させられた。

挑発を撃つタイミングはある程度ムラっけでCが上がったり相手のフリドラ零度のppを減らしたら。Cを上げていれば挑発を見せた後相手が裏のポケモンとくるくるするのを咎められる。ちなみに挑発のppは32で、フリドラ零度の合計ppが40なので、居座ってくるなら確実に悪あがきまで持っていける。相手のフリドラ零度のppを枯らしてもこちらのフリドラ挑発のppはまだそれぞれ15くらい残っているので、全能力6段階上昇をもってそのまま裏ごと崩壊させられる。

最終日5回ほどゴーリと当たったが、このポケモンのおかげで楽に全勝出来た。

ゴーリ入か、明らかにゴーリが刺さっている低速パーティ相手にしか出さないため、選出はほぼない。ペリラグがある程度の崩しを持っているため尚更。

 

 

【選出】

・ペリラグミミッキュ

一番多い。ヒトムグロスやマンダ軸へ。リザランドグロスなど、リザがXだと断定できるパーティにも。

 

・ペリラグナット

ガルーラ軸やクチート軸、ラティハッサムなどに。たまにグロス軸、マンダ軸にも出す。

 

・マンダナットミミッキュ

リザ入りやアゴギャラ、テテフーディンなどへ。

 

・ラグナットミミッキュ

ヒトムグロスヒレミミッキュへ。グロスをラグの地震ミミッキュの影圏内に入れればミミッキュが非常に通りやすい。ナットは初手レヒレケア。

 

・ゴーリ@2

ゴーリ入りやゴリゴリの受けサイクルへ。ゴーリの裏にグロスがいるならナット、ツルギがいるならマンダが欲しいかも。

 

 

【終わりに】

このパーティで明確に重いのがアゴ入りの展開構築くらいで、非常に多くのパーティに対応することができた。今まで握った構築の中で一番強力だったと思う。

構築を貸してくれて、一緒に調整や立ち回りについて考えてくれたsuicaに感謝。初めて2100を達成できて嬉しかった。最終日の勝率が非常に良かったため、もっと上をいける自信があったが、初21のため一応保存。

改めてS14お疲れ様でした。またここまで読んでいただきありがとうございました。

 

【戦績】

TNキャル  94-54

最高・最終2107

最終73位

 

f:id:scanpoke777:20190403044240p:plain

 

f:id:scanpoke777:20190403044148j:plain

 

 

東大京大交流会 600族以上シングル

f:id:scanpoke777:20190307110251p:plain

 

キャノンです。東大との7本勝負のうち、600族以上シングルを担当しました。

 

目次 

 

ルールと使用可能ポケモン

ルール

 その名の通り、合計種族値が600以上のポケモンのみ参加可能で、伝説、幻のポケモンも使用可能。ただしメガシンカポケモンはメガ前種族値も600以上でなくてはいけない。

メガZ有りシングル63

使用可能ポケモン

複数フォルムあるポケモンはどのフォルムも600以上あのでok

カイリューバンギラスボーマンダメタグロスガブリアスサザンドラヌメルゴンジャラランガラティアスラティオスヒードランクレセリアランドロス、ケッキング、レジギガス

ミュウツー、ルギア、ホウオウ、グラードンカイオーガレックウザディアルガパルキアギラティナ、レシラム、ゼクロムキュレム、ゼルネアス、イベルタル、ジガルデ、ソルガレオルナアーラネクロズマ

ミュウ、セレビィジラーチデオキシスマナフィダークライシェイミアルセウスビクティニメロエッタゲノセクトフーパボルケニオンマギアナマーシャドーゼラオラ

 

ヨワシは知らん、忘れた

 

考察

まず明らかに強いポケモンがちらほらいたので、そこを中心に考察していった。考察当時のキャラランクはこちら。 

キャラランク

横の並びは適当

S レックウザ アルセウス イベルタル

A+ マーシャドー 黄昏ネクロズマ 

A グラードン 

B カイオーガ ルアアーラ バンギラス ガブリアス

C その他  

 

解説すると長くなったので別記事で。このルールの知識が乏しい方は見るのを推奨。

600族以上シングルキャラランク - トライポカロンマスタークラス

 

構築経緯

このルールではプールが狭く、強いポケモンが限られているので、タイプによりサイクルを回すことが難しいと考えた。伝説ポケモンのダメ感があまりないのも理由の一つ。 ステロを撒いてエースを通す展開構築も考えたが、キャラランク上位に先制技持ちが多く、また積んでもワンパンできずに返されるなど、通しにいくのが難しいと思ったため、見送った。

 したがって対面強いポケモンで並べ、数的有利を取っていく対面的な構築を組むことにした。メガ最強のレック、Zを持てば対面最強のイベル、カスタマイズ性能の高いアルセ、積み技や一部のアルセの抑制が出来るマシャは入れない理由が無いので採用。この4体だとフェアリーがきついので、黄昏ネクロも自然と入った。あと1体はあまり選出する気がなかったので、少しでも耐久アルセを選出抑制できるようグラードンを採用した。自然とキャラランク上位6体で固まった。

各々の型は大体構築段階で決まったが、アルセの型のみ絞ることが出来なかったため、実際に伝説フリーで回してみて考えることに。構築の穴を埋めつつ対面強くすることを意識した。いろいろ考えて最適な型を見つけたので構築完成。

 

単体紹介

マーシャドー 

持ち物:専用Z

実数値:165-177(252)-100-x-111(4)-194(252)

技:シャドースチール/インファイト/毒々/影打ち

 

積み技及び一部アルセウスの抑制。襷はレックに回したので代わりにZを持たせた。ただイベルの不意打ち+マシャZでオーガを落としたり、ゴーストアルセの自己再のターンに投げて落としたりも出来るので、Zでも十分な役割を果たすことが出来る。

毒々は技スペが余ったのでアルセにZを透かされたとき用に。

 

 

黄昏ネクロズマ

持ち物:拘りスカーフ

実数値:173(4)-209(252)-147-x-129-141(252)

技:メテオドライブ/フォトンゲイザー/地震/ステルスロック

 

鋼枠。鋼のまま殴りたいのと、フェアリーアルセの上を取れるようにスカーフでの採用とした。一舞メガバンギの上を取れるのもデカい。基本メテオしか撃たない。

 

 

アルセウス 

持ち物:精霊プレート

実数値:201(44)-126-140-167(212)-140-189(252)

技:裁きの礫/大地の力/神速/電磁波

 

調整は陽気黄昏ネクロのメテオドライブ確定耐え、余りCS。

型選択について。対面構築である以上、相手に数的有利を取らなければいけないが、他のメンツが相手のマーシャドーに確実に仕事をされてしまうので、マーシャドーに不利を取らない、つまり霊格闘で弱点を突かれないことが型を選ぶ上での最低条件であった。また相手のメガレックに対して裁きで抜群を取れる、もしくはガリョウを半減できることが望ましい。

この2つの条件から、まずタイプはドラゴン、フェアリー、電気の3つに絞り込んだ。ただ電気はあまりにもゲングラに対して不利を取るため候補から外した。ここからはフリーで回してみて型を考えることに。

初めはオーガに受けだすことを考えてドラゴンにしていた。オーガの水技+冷ビを、受け出しと瞑想で耐えるからである。しかし実際に回してみると、瞑想で耐えて自己再生で受けようにも、冷ビの被弾数が多すぎて凍りを引きやすく、安定しないことに気づいた。そもそもこちらの裏にゲングラがいる以上相手は水技を撃たない。また同時に気づいたのだが、オーガは思ったより対面処理が可能だった。イベルの不意打ち+マシャのZやレックのガリョウで落とせるし、イベルは特化根源をほぼ耐える。したがって、別にアルセをオーガに強い型である必要がなくなったので、裁き+大地で広範囲の攻撃が出来るフェアリーに決定した。

技は鬼火瞑想自己再生のような受け気味な構成は相手のネクロを考えるとこちらに不利な択が多く、機能しづらいと考えたため、単純に技範囲や対面性能を考えて大地と神速を採用した。また電磁波を採用することにより、相手のアルセやマシャ、ネクロの処理を楽にすることが出来た。例えば鋼アルセウスなら、メガレックで鬼火をくらわずに上からの処理が可能となる。ステロ+エースといった展開構築にも刺して行ける。実際かなり効果的だったので正解だった。

 

 

レックウザ

持ち物:気合の襷

実数値(メガ):181(4)-232(252)-120-x-120-183(252)

技:画竜点睛/神速/Vジェネレート/龍の舞

 

メガ+襷=最強卍。レックのガリョウやVジェネは伝説の中でも特に火力が高く、ほとんどの相手を確2に持ち込めるため、襷と相性が良い。龍舞はほとんど使わなかったので地震で良かったかもしれない。

 

 

イベルタル

持ち物:悪Z

実数値:233(252)-135-122(52)-194(204)-118-119

技:悪の波動/不意打ち/デスウィング/とんぼ返り

 

調整は黄昏ネクロのメテオドライブ確定2耐え、メガレックの鉢巻ガリョウ確定耐え、余りC

大体の攻撃を耐えて等倍悪Zで一体持っていける。グラードンを一撃で持っていきたかったのと、ステロ撒きに対してデスウィングを撃ちたかったので特殊型での採用。回してみても狙い通りの活躍をしてくれた。

 

 

グラードン

持ち物:紅色の珠

実数値(ゲンシ):207(252)-255(252)-180-x-110-111(4)

技:断崖の剣/炎のパンチ/毒々/ステルスロック

 

見せポケ。耐久型のアルセを選出抑制していく。あとオーガの水技を抑制するなど。一応断崖でHSアルセを確2に出来る。

 

結果と感想

東大側のパーティはミュウツー、ゲングラ、黄昏ネクロ、バンギラスアルセウスイベルタルだった。そのパーティが分かるまで気づかなかったが、ぼくのパーティかなりバンギラスが重い。イベルやレックは有効打がない上、一舞されたらマシャも貫かれてしまう。なのでこちらとしてはバンギの処理を、対面での削り+スカーフネクロのメテオドライブに任せるとした。そうなると相手のイベルが重いのでアルセウスも選出。@1はこれまで信じてきたイベルタルを初手に置くことにした。イベルアルセネクロの選出だと鋼アルセなどに負けるがそれは切ることにした。

相手側の選出はステロゲングラ+両壁ミュウツー+バンギラスで、完全にバンギラスを通しに行く感じだった。初手イベルゲングラ対面、こちらは当初の予定通り悪波Zを撃っていき、岩封をくらいながらもゲングラをワンパンすることができた(急所だったのですが、相手の調整的に10/16くらいの乱数らしかったです…)。

次にミュウツーが出てきて、こちらのHP的にメガYなら一発耐える、メガXなら倒されても裏のアルセで処理できると考え、不意打ちではなく悪波を撃ちに行きました。すると相手はリフレクを貼ってきたので、ここで3体目で全抜きする構築だと完全に理解。よってとんぼ返りでミュウツーを倒しつつ、裏のアルセで抜きエースに電磁波を入れにいくことにした。結果これが刺さり、3体目のバンギラスを上手くアルセとネクロで処理でき、勝利を収めた。

 

感想としては、バンギラスに対するこちらの考察不足で、対策を怠っていたなと、強く感じる試合でした。結果としては上手くアルセの電磁波が機能したので良いですが、選出画面だけでこちらのパーティで一番パワーのある襷レックが腐ってしまっていたのは、正直悔しかったです。ステロ+バンギラスはもう少しこちらも考えるべきでした。

 

最後に、Vジェネレックの個体を貸してくれたぬまうおさん、ネクロとゲングラとマシャを貸してくれたがんだー、アルセの厳選券を切ってくれた収穫、また対戦したtomokaさん、ありがとうございました。楽しい試合にすることができました。

 

 

600族以上シングルキャラランク

 

 

 

ランクS(レック、アルセ、イベル)

レックウザ

メガ後特性 デルタストリーム…場にいる間、飛行の弱点を消す永続天候を起こす。

メガ後種族値 105-180-100-180-100-115 

計780

持ち物とは別にメガ進化可能な最強ポケモン。 襷、スカーフ、鉢巻と、豊富な型がある上に、技もガリョテン、神速、Vジェネ、流星、地震、竜舞と強力なものを覚える。なんだこれは。メガ枠はこいつ一択だと思う(思ってた)。

 

アルセウス

特性 マルチタイプ…持っているプレートやZによりタイプが変わる

種族値 120-120-120-120-120-120

計720

特性でタイプが変わるのでカスタマイズ性能が高く、型が判断しづらい。選出画面でタイプ分からんのバグやろ。珠やノーマルZを持たせて剣舞神速する型、ゴーストのプレートを持たせて鬼火瞑想自己再生で耐久する型が有名だが、パーティで重いポケモンに対して強いタイプに変わったりもできるので、その2つのどちらかと型を決めつけるのは出来ない。覚える技を見たら、両壁電磁波トリルステロ大地放射冷ビと、本当に何でも覚える。バグ。

このポケモンの型で構築の気質が変わると思う。

 

イベルタル

特性 ダークオーラ…場のポケモンすべての悪技の威力が4/3倍になる。

種族値 126-131-95-131-98-99

計680

伝説戦では一貫性の取りやすい悪技を、特性、タイプ一致込み2倍の威力で撃てるため、Zを持たせれば対面性能最強。物理型ならイカサマZで無振りアルセウスが13/16の乱数でワンパン、特殊型なら悪波Zで大体のゲングラをワンパンできる。フェアリーにはほぼ何も出来ないが強いフェアリーがアルセウスくらいなので通りが良い。

初手に出せば一体持っていけるくらいのイメージ。

 

ランクA+(マシャ、黄昏ネクロ)

マーシャドー

特性 テクニシャン

種族値 90-125-80-90-90-125

計600

ちょっと前にトリックホリックで猛威を奮ってたよね。専用技のシャドースチールは相手の能力上昇を奪いながら殴れるので、選出画面にいるだけで相手の積み技を抑制できる。それだけで強いが、特に強いのはレックやアルセよりSが高い点と、神速が無効な点。テクニシャン影打ちを撃てることもあって、削れた相手を無償で突破しやすく、裏にも負担をかけていける。

たぶん一番アルセに強いのがこのポケモン。ノーマル、鋼アルセにはインファ、ゴーストアルセにはマシャZで上から打点が持てるので、それらのタイプのアルセへは選出抑制が効く。

しかし火力と行動保証を両立しにくいためこのランク。

 

黄昏ネクロズマ

特性 プリズムアーマー…抜群技を受けるダメージが3/4に軽減される

バースト後特性 ブレインフォース…抜群技を撃ったとき、威力が5/4倍になる。

種族値 97-157-127-113-109-77 

バースト後種族値 97-167-97-167-97-129

計680→754

専用Zを持たせると、バーストしてウルネクになれる。バーストしないときのタイプが鋼エスパーと、伝説では数少ない鋼枠。

このポケモンの何が強いかというと、バーストするとドラゴンエスパーになり、耐性が変わるのと、Sが高くなるため、レックやアルセの正解行動を分からなくさせられる。レックの場合炎技と神速やガリョテン、アルセの場合裁きの礫か鬼火などの択を仕掛けられる。アルセの上から身代わりを撃てるのが偉い。

更に強いのは、バーストしなくても、普通にスカーフで殴ったり、剣舞ロッカからソルガレオZを撃ったりしても強いので、型の一点読みができないこと。一歩型を間違えれば大きくアドを取られてしまう。

ただイベルタルに大きく隙を見せるためこのランク。

 

ランクA(ゲングラ)

グラードン

ゲンシカイキ後特性 おわりのだいち…場にいる間、水技無効、炎技1.5倍の永続天候を起こす

ゲンシカイキ種族値 100-180-160-150-90-90

計770

使うならゲングラ一択。持ち物を実質持たせられないのが弱いが、唯一無二の耐性と、鬼火無効なため耐久型アルセウスに強い点を評価してこのランク。このポケモンの仕事は選出画面での耐久アルセの抑制。以上。

 

ランクB(オーガ、ルナアーラ、バンギ、ガブ)

カイオーガ

特性 雨降らし

ゲンシカイキ後 特性 はじまりのうみ…場にいる間、炎技無効、水技1.5倍の永続天候をを起こす。

種族値 100-100-90-150-140-90

ゲンシカイキ種族値 100-150-90-180-160-90

計670→770

ゲンシカイキしてもしなくても戦えるが、場に出た途端にゲンシかどうか分かるため、スカーフ型かゲンシ型か一瞬でバレてしまう。どちらの型も相手の裏のゲングラに怯えて水技が打てない。ゴミ。ただゲンシカイオーガなら、ゲングラと対面させて天候を奪いさえすればキャラランク上位に一貫する水技でほぼ一体持っていくことが出来る。ゲングラとゲンカイは互いに選出抑制していると言える。

ランクSに弱いためこのランク。

 

ルナアーラ

特性 ファントムガード…型破りされないマルス

種族値 137-113-89-137-107-97

計680

イベル以外に一貫するゴースト技と、特性が強力。イベルの後出し余裕と思いきや、ムンフォを覚えるためそうでもない。神速無効なためスカーフと相性が良さげ。正直考察不足だが本当はもっとランク高いと思う。

ちなみに似たような性質をもつ暁ネクロはイベルへの打点としてジェムしか覚えない。ムンフォと違ってレックマシャにも一貫させることができないので弱い。何より黄昏ネクロを採用できなくなるのが弱すぎるので採用するならルナアーラの方が良い。

 

バンギラス

採用するならマシャの上を取りにいける竜舞メガ。当初メガはレック一択で他は採用する価値ないと思っていたが、よく考えたらこのポケモン、キャラランク上位にかなり強い。神速、影打ち、不意打ち半減で、イベルや地震の無いレックを起点に出来るのが強すぎる。ステロ展開の積みエースなら最強だと思う。

これも正直考察不足。伝説しか環境にいないと思ってた。なんだこいつ。今評価するならランクA以上にはなると思う。

 

ガブリアス

襷ステロポケモン。ステロと鮫肌で相手の襷をほぼ確実に潰しに行ける。大抵の挑発勢に上を取れるのもあって、ステロを撒くだけならたぶん一番強い。相手にするととても困るポケモン。しかし襷枠を潰すのと、イベルやアルセにあまり仕事ができないのが微妙。

 

ランクC(その他)

ディアルガとかマギアナとかグロスとか、考察してないだけで実は強いポケがいる気がする。ゼルネは神速や黄昏ネクロで止まるから雑魚と思ってたけどそうでもないかも?

【S13 最終日使用構築】マンマンママンガルド【最高2066, 最終2027】

シーズン13お疲れ様でした。本当は潜るつもりがあまり無かったのですが、サークル仲間が初2000に乗せているのを見て、モチベが湧いたので潜ってました(おめ)。1850からスタートして、2000を超えることができたので、記事に残します。

構築名は言いたいだけです。

f:id:scanpoke777:20190108195250p:plain

 

【USMs8】ママンマンダミミガルド改【p2オフ優勝】 - トライポカロンマスタークラス

オフでずっと使ってるこの構築を使いました。レートも何度か潜っていたのですが、結果を残せたのは今回が初めてです。

<構築経緯>

構築経緯は上の記事とそのリンク先に書いてあるので簡易的にします。

まずママンボウを使うところからスタート。組ませる鋼枠として、先制技で誤魔化しができ、一貫性の高い技で相手に負担をかけていきやすいギルガルドを採用しました。次にメガ枠として、地面への役割分散が可能なボーマンダを採用、型はサイクルがしやすく鋼を燃やせる特殊型。ミミッキュ枠としてミミッキュも採用、ママンボウが起点にありえんなりやすいのでそれのケア。あとは電気に強い地面枠が欲しかったので先制技での誤魔化しも効くマンムー、ゲコやリザYが重いのと受けサイクルがきつめなのでスカーフヒトムを採用してパーティ完成です。

 

f:id:scanpoke777:20180812173934p:plainボーマンダ@メガ石

メガ後実数値 171(4)-x↓-150-172(252)-110-189(252)↑

技 流星群/ハイボ/文字/羽休め

 

流星採用の特殊マンダ。相手のマンダを上からワンパンできる流星は強く、対マンダ軸への勝利に最も貢献してくれました。実際最終日当たったカバマンダ系統への勝率は100%でした。流星マンダミラーは同速勝ちと流星かわしでケア(パンチの絵文字)。

構築的にリザYがきついので、今期散見された捨て身流星の両刀マンダもありかなと思いましたが、カグヤやグロスを考えると炎技の火力を落としたくないので見送りました。放射から文字に変更したのもそのためです。

 

 

f:id:scanpoke777:20190108201340p:plainマンムーとつげきチョッキ

実数値 197(92)-194(212)↑-100-x↓-106(204)-100

地震/つぶて/がんぷう/叩き

 

今では珍しくなったチョッキマンムー。初手ゲッコウガに対して突っ張ってまあまあ勝てるのが強い。負けそうでも水技のダメージで控えめっぽかったらマンダバックの選択も取れます。カバマンダ系統は初手にゲッコウガを置かれることが多かったので、よく合わせてました。

またチョッキを採用したことによりウルガモスを後出しから相手できるようになったり、特殊に対し何度かサイクルを回せるのがえらかったです。たまーにマンボウの願い事で回復させるのでそれとの兼ね合いもよき。ちなみに調整は忘れました。とりあえず火力高くて助かることは多かったです。

相手の積み展開系(ギャラアゴなど)へは初手にマンムーを置いてがんぷう連打からミミッキュに繋ぐことで楽に勝てました。後述するミミッキュは非常に積みポケモンに強い型なので、行動保証を与えるためにもがんぷうは必須です。

 

 

 

f:id:scanpoke777:20190108201417p:plainママンボウ@ゴツメ

特性 再生力

実数値 246(44)-x↓-143(236)↑-60-94(228)-85

技 どくどく/熱湯/願い事/守る

 

Dにも厚く振ったママンボウ。耐久の目安としてはC155ゲッコウガの悪の波動が30.8~36.5%、A197メガグロスの雷パンチが41.4~49.5%といった感じです。単水なのと特性により色んなポケモンをごまかせますが起点になりやすいのでそこは注意。毒さえ入れれば裏と絡めて大体のポケモンはなんとかなります。

願い事という技がとても偉く、裏のポケモンを安全に受け出せるのはもちろんですが、自身の行動保証にも使えます。例えば有利対面で相手のテテフバックに願い事を合わせたとすると、次のターン自分はギルガルドバックの選択だけでなく、突っ張って毒を入れる択も取れます(メガネ以外ならサイキネは願い事プラス再生力で回復可能)。テテフに毒が入ればママンボウでも最低限みることできるし、見えやすいギルガルドバックに合わせてリザが出てきたりしてかなりのアドが取れます。このように不利なポケモンにも一発耐えるなら毒を入れに行くムーブが願い事によって可能になるわけです。実際このムーブは良くしました。

技をうずしおから熱湯に変えました。挑発ギャラやクチートに対し圧力をかけられるという点で優秀でした。ちなみにギャラはどくどくではなく熱湯から入ります。挑発があれば打ってくるし、どくどくは一舞後でも間に合うからです。ただし他のポケモンには極力どくどくを撃ちましょう。

 

 

f:id:scanpoke777:20190108201345p:plainヒートロトム@スカーフ

実数値 125-x↓-127-172(252)↑-128(4)-138(252)

技 ボルチェン/オバヒ/めざ氷/トリック

 

スカーフ枠。地面にボルチェンを受けられることが怖かったので選出は控えめ。マンボウとサイクルするときは比較的よく出したと思います。

このポケモンを採用した理由はリザYの炎に受け出せることと受けサイクルに抗えることが大きいです。後者について言えば、ポリ2かなんかの対面でトリックを打てばだいたいポリ2かグライに通るので、こちらのギルガルドで崩しに行きやすくなります。一回スカーフポリ2とグライオンに普通にサイクルされて負けてほんまかってなりましたが、そこそこ受けサイクルへの勝率を上げてくれたと思います。

 

f:id:scanpoke777:20190108201430p:plainミミッキュ@ミミZ

実数値 131(4)-142(252)-100-x↓-125-162(252)

技 じゃれつく/影打ち/呪い/守る

守る採用の呪いミミッキュ。呪い身代わりが受けの駒に強いなら、呪い守るは積みポケに強いです。というのも、相手の竜舞や蝶舞に合わせて呪い→攻撃技に対して守る→影打ちをすれば裏の先制技圏内になったり、呪い→守る→裏を捨てる→死に出し守る→影打ちでZも皮を残しつつ突破できるからです。木の実持ちの積みポケ、つまりガモスなんですが、それも皮が残っていれば1・1が取れるし、皮が残っていなくてもガルドやマンムーでなんとかできます。唯一起点にされるのは回復技持ちかつS上昇積み技持ちのボーマンダなんですが、そこはZを残す立ち回りをしたりこちらのマンダとうまく対面させたりして処理します。ステロ一回+プラマイ0恩返しならマンダが耐えてくれることも頭の中に入れておきます。

また積みポケ以外にも見えない守るは確実に通るので強引に削りに行く事もできます。またロップの猫に合わせて守るを決めて拾った試合もあり、優秀でした。使ったひとにしか強さが実感できないのでぜひ使ってあげてください。

ちなみに最速なのは相手の削れたミミッキュを影打ちで処理することが多いからと、テテフの上を取りたかったからです。

 

f:id:scanpoke777:20190108201359p:plainギルガルド@霊プレート

シールド実数値 167(252)-70-170-112(252)↑-171(4)-72↓

技 シャドボ/どくどく/影打ち/キンシ

 

テテフに強い鋼枠。相手に負荷をかけやすいプレートを持っています。ガルドのシャドボ耐えのテテフの調整を崩すことができたり(あまり実感はないですが)、HBドヒドイデに対しシャドボが半分以上入ったり、カグヤへの負荷を大きくしたりと使い道は色々ありました。一応影打ちのダメージも上がっていますがそれは微々たるものなので、それに期待して立ち回るのは控えました。初めは残飯にしてましたがそれよりもカグヤへの負荷を優先したい場面が多かったのでこちらのほうが良かったです。ゴーストZも受け単にミミッキュと持ち物が被るのと、特にサイクルに対して立ち回りが怪しくなってくるで採用しませんでした。

 

<選出、立ち回り>

vsカバマンダ

選出:マンムーミミマンダ

ゲッコウガがいたらだいたい初手に来るのでマンムーで頑張って勝ちましょう。上にも書いたとおり控えめっぽかったらマンダバックの選択もありえます。初手カバルドンは叩きと地震打ってマンムーを寝かせばごまかせます。大体締めはマンダに流星撃って勝ちです。勝率はかなり高いほうです。

 

vsヒトムレヒレグロス

選出:ヒトムミミマンダ、マンムーミミマンダなど

ヒトムもレヒレもきついので頑張って対面で打ち合うことで削りましょう。マンダを通せれば勝ち。レヒレがいないならマンボウを出してヒトムを誤魔化しに行きます。

 

vsテテフリザ

選出:マンボウガルドヒトムなど

マンボウがリザのソラビを一発耐えることを頭に入れながら頑張りましょう。初手テテフマンボウ対面守るをしてシャドボを打たれたらアド。

 

vs受けサイクル

選出:ヒトムガルドマンダ、マンムーガルドマンダなど

グライ絡みは前者、カグヤ絡みは後者。

 

 

<戦績>

最高2066、最終2027(110位)

f:id:scanpoke777:20190108221411j:plain

オフでの戦績は上のリンク先の記事に書いてあります。書くのめんどくさい

 

 

シーズン13お疲れ様でした。このパーティで2000に行けるとは正直期待してなかったので良かったです。来シーズンはレート期間がいつもより一ヶ月長いらしいので2100目指したいなあと思ってます。モチベがあればいいですが。

 

 

 

【S13 中盤使用構築】サイクル偽装マリゲンポリ2【最高2030】

f:id:scanpoke777:20181228020550p:plain

 

<構築経緯>

ゲンガーの影踏みや鬼火で起点を作り、積みポケモンで抜いていく、また積みポケの障害となるポケモンをゲンガーで処理をしていくのが強いと思い、構築を組んだ。積みエースとして、ゲンガーと相性補完の良いテッカグヤを選択した。次にステロ要因としてカバルドンを採用。またテテフをゲンガーとの並びで処理できる蜻蛉ゲッコウガ、炎への対策兼第2の積みエースとしてマリルリを採用した。ラストに不毛なゲンゲン同速を避けたり、色々ごまかすためにパーティと相性補完も良い電磁波ポリ2を採用。

 

結果としては対面で削ったり起点を作るなどしてマリルリを通す構築に落ち着いた。

 

 

<型と調整>

ゲンガー@メガ石

・メガ後実数値 167(252)- x↓ - 100 - 191(4) - 115 - 200(252)↑

・技 祟り目 / ヘド爆 / 鬼火 / 守る

普通の鬼たたゲンガー、ゲッコウガとの並びでテテフを処理できるよう守る採用。ギルガルドにも抗える。

 

カバルドン@フィラのみ

・実数値 212(228) - 132 - 156(28)↑ - x↓ - 124(252) - 67

・技 地震 / ステロ / あくび / 吹き飛ばし

リザYが重いのでDに厚くした。

 

ポリゴン2@輝石

・特性 ダウンロード

・実数値 189(228) - x↓- 110 - 172(252)↑ - 115 - 84(28)

・技 トラアタ / シャドボ / 冷ビ / 電磁波

ゲンガーと合わせてテテフやリザYを処理するための電磁波、S。ガルドにも電磁波を入れれば祟り目で処理可能になる。多くのポケモンを対面で削ってマリルリ圏内にするためにC特化。

 

マリルリ@オボンのみ

・特性 力持ち

・実数値 194(148) - 112(252)↑ - 100 - x↓ - 101(4) - 83(100)

・技 アクジェ / じゃれ / 叩き / 太鼓

太鼓を積んでポリ2をじゃれで処理する流れが多かったのでこのS。一回身代わりポリ2(速いポリ2)にボコられたのでDL対策はすべき。このポケモンを通して勝ちな試合が非常に多く、環境に刺さってるなと感じた。

 

テッカグヤ@飛行Z

・実数値 173 - x↓ - 123 - 171(228)↑ - 124(20) - 113(252)

・技 エアスラ / 宿り木 / 身代わり / ボディパ  

初めて使うので知らなかったが、抜きエースというより低速サイクルへ刺すポケモンだなと思った。低速サイクルはこいつとマリルリのどちらかを通して勝つ。そのときはだいたい両選出する。

 

ゲッコウガ@タスキ

・特性 激流

・実数値 149 (12) - x - 87 - 170(252) - 91 - 173(244)

・技 熱湯 / 冷ビ / 手裏剣 / とんぼ

素のテテフより速くてとんぼを撃てる悪を探したらこのポケモンになった。相手のゲッコウガの下からとんぼをし、ゲンガーで処理する動きをするためにSを落としたが、タスキが潰れる方が嫌なことが多かったので要検討。

バナ入のパーティへはゲンガーでバナを処理してマリルリを通すのだが、その際こいつの熱湯火傷に助けられることが多かった。

 

<きついポケモン

ギルガルドリザードンボーマンダメタグロスカプ・テテフ

あまりに欠陥

 

<戦績>

画像はないですが、サークルの忘年会でのせた2030が最高レートです。少し酔ってたのでガイジプレイングしてたらすみません。

2000にのったときの画像はあります。

f:id:scanpoke777:20181228020639j:plain

この構築での最終レートは1885くらいでした。今季まだ潜るかもしれないし、潜らないかもしれない。

誰か改善して結果残してくれると助かります。

 

 

【USMシーズン11】ゲンガービビヨンwithノーマルZカビゴン【最高2017、最終2002】

こんにちは、キャルです 。

シーズン11でレート2000を超えられたので、ここに構築を記します。

 

f:id:scanpoke777:20180813004040p:plain

<構築経緯>

この構築はシーズン9で使用していたガルーラゲンガーの対面構築(f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180813012729p:plainf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain)をいじったものとなります。

まずミミッキュが重かったので選出の機会が少なかったガルーラをHB木の実ランドロスに変更。f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180813012729p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

このパーティで第4回ホズラッシュに参加してみたところ、見事優勝することができたので、今期使おうと決めた。(ホズラッシュでの構築、戦績は記事の最後の方に載せてあります。)

その後何戦かレートで回してみたところ、ゲンガーのシャドボを耐えるメタグロスがとても重かったので、ランドロスをゴツメに変更。

さらに構築単位で非常にリザYが重かったので、あまり出す機会のなくなっていたバシャーモを厚い脂肪ノーマルZカビゴンに変更。f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

他にも途中でミミッキュの型やゲッコウガの技構成を変え、しっくりきたので本構築が完成。

 

 

参考 シーズン9のパーティ

http://scanpoke777.hatenablog.com/entry/2018/04/29/170702

 

<コンセプト>

・こごかぜからビビヨンを通す

・ランドカビで大まかに削りを入れ、ゲンガーを通す

 

 

<個別紹介>

f:id:scanpoke777:20180812155550p:plain

調整

H:16n+1

Sぶっぱ、残りC

 

カバを起点にできるのが偉い。また、+1暴風でレヒレをほぼ確定2発で落とせる。

強力な勝ち筋となるので対低速サイクル以外にもバンバン出します。

辛いGTS厳選でこの花園模様を手に入れたのでとても愛着がある。ランドと組ませれば理想の花園ランドが作れるぞ。

 

f:id:scanpoke777:20180812155603p:plain

調整

バシャのフレドラ耐えるやつ

 

バシャーモ、雨、ギミック系統対策としてAB呪いトリルで採用。積みサイクルチックな構築にもトリルによってカビゴンと合わせて強力な切り返しが出来る。

 

 

f:id:scanpoke777:20180812155616p:plain

調整

CSぶっぱ、あまりD

 

構築の要。ビビヨンと並べておけばスカーフに臆することなくランドやガブへ突っ張れるのが強い。

ナットやバンギの打点として気合い玉は必須。

今どきヘドウェゲンガー持ってないやつとかおるw?僕はサークルの先輩から借りました(ありがとうございます)。ヘド爆と違ってレヒレを乱数で落とせるようになる上、ビビヨンの起点にしたいポケモンに対して毒にしてしまうのを恐れて打つのを躊躇する必要も無い。

 

f:id:scanpoke777:20180812155638p:plain

調整

自爆Z入りの記事の調整を参考にしました。H≒B+D

 

最近流行りの自爆Zカビゴンだが、特性による炎耐性、きついナットへの炎打点、あくびによる対面操作からの削り、あくび自爆からビビヨンへつなげられるなど、あらゆる面で構築とマッチしていた。

努力値が余っているのでsに振ったほうがいいと思う。

 

f:id:scanpoke777:20180812155649p:plain

調整

HBぶっぱ、あまりS

 

グロスを最低限ゲンガーのシャドボ圏内に押し込めるゴツメで採用。ガルーラにも強い。

暇なときステロを巻くことでゲンガーで全抜きする体勢を整えられる。

ビルドアップが無いせいでミミッキュに2舞されるとワンパンされるため、ゲンガーミミッキュ対面はランド即バックではなくこごかぜから入り、そこからランドバックする必要がある。

S-1の100族を抜くためにあまりをSに振っているが、あまり役に立ったことがないので他のところでもいいと思う。どうせ相手のランドロスの下から蜻蛉は打てないのでどこを振っても同じ。S個体値低いやつを持っていないだけですが。

 

 

f:id:scanpoke777:20180812155654p:plain

調整…CSぶっぱ、あまりB

 

アゴやマンダの上からこごかぜを打つため臆病。無振りテテフを通常+激流発動状態で倒せるよう波乗りを水技として採用。

こごかぜのおかげでアゴジャラランガにも強くなった。 ビビヨンとのシナジーもある。

 

<選出・立ち回り>

大まかな選出はf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainが多いです。

以下の構築相手には だいたい以下の選出、立ち回りで行きます。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812173922p:plainf:id:scanpoke777:20180812173934p:plainf:id:scanpoke777:20180812173942p:plainf:id:scanpoke777:20180504212125p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

 多分不利マッチ。コケコが出てこなかったり、早めにコケコを落とさせてくれることが多かったりするのでビビヨンが通ることがままある。どの選出をしても勝率はそこまで高くないです。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812173934p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

初手襷ゲコゲコ対面ができやすい。水技を打ち合う途中でこごかぜを打てばそこからビビヨン展開に持ち込める。 ゲコゲコ対面に勝てそうならそのまま勝つのがベストだが熱湯の火傷や手裏剣の回数を考えると安定しないのでビビヨン展開に持ち込んだほうが良い。その際は相手を激流圏内に入れないようにする。

ただ相手の裏にコケコがいる場合を考えるとあまり安定はしない。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812174351p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain@1

ランドでグロスを削ってゲンガー圏内にする。裏にミミッキュがいそうならランドに役割集中されないように@1を絡めてグロスを処理する。 

 

 

vsf:id:scanpoke777:20180812173922p:plainf:id:scanpoke777:20180812174709p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

裏にテテフがいることが多いのでこの選出。リザYがしんどいが、ビビヨンでなんとか頑張りたい。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504213527p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

 ランドの威嚇とんぼを絡めてゲンガーのメガおよびロップの処理を狙う。途中受けポケが来たらビビヨン展開にシフトする。機械的に勝てるためかなり有利マッチ。

 

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plain

 上手くゲンガーをランドの前に着地させればかなり有利になる。ガルーラはランドのゴツメに触らせればよいが、削られすぎると裏のミミッキュが通ってしまうので、カビゴンのZやゲンガーで処理するなど上手く立ち回る。

ガッサ入りには次のパターン

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812175551p:plain

 出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plain+f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain

ゲッコウガとゲンガーでガッサを処理する。あとはビビヨンを通すかゲンガーランドで詰める。

基本ガッサ入りにはゲッコウガから入り、ゲンガーとセットで処理したい。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

構築的に、起点を作りさえすればビビヨンが容易に通ることが多いのでそれを狙う。 初手ゲンゲン同速対決を避けるためにカビゴンを出すのもアリ。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812175231p:plain

出…主にf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plain

ゲッコウガミミッキュランドロスから一体は出す。元々相性が悪いが、バシャナットならかなり構築相性が悪くなる。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504212023p:plainf:id:scanpoke777:20180812175534p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812175551p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plain

基本的にはビビヨンで勝てる。裏にリザがいる場合はXでかつ選出される事が多いので ビビヨンの代わりにランドを出すと安定する。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812180021p:plainorf:id:scanpoke777:20180812180035p:plain+f:id:scanpoke777:20180812180143p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

初手でゲンガーをメガ進化させ、ラグに対してはミミッキュ後投げからのトリルで切り返す。裏のナットは呪い+気合玉で頑張って処理。上手くビビヨンを通しに行けば勝てる。ただラグに身代わりがある場合若干厳しくなる。

別の選出の候補として、ゲンガーの代わりにカビゴンを出すと裏のナットを削りやすい。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504214304p:plainf:id:scanpoke777:20180812180246p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain@1など

基本ランドを出せば何とかなる。ドリュウズ剣舞されないよう立ち回る。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812173922p:plainf:id:scanpoke777:20180812180246p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain@1など

カバ展開を阻止すればオーケー。先にビビヨン展開すれば勝てるかもしれない。

 

 

vsf:id:scanpoke777:20180812180124p:plainf:id:scanpoke777:20180812180134p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

 ゲコとゲンガーで展開阻止しつつ起点を作り、先にビビヨンを通しに行けば勝てる。挑発ギャラの最速起きは考慮しません。

 

vs受けループ

出…f:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

カビゴンであくびを絡めて雑に削ってゲンガーかビビヨンを通せば勝てる。基本ビビヨンで全員倒せる。 ヌオー入りは少し厳しめ。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211946p:plain入り

f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

ビビヨンが通ることが多いので、スカーフテテフの一貫ができる前に起点を作ってビビヨンを通す。ゲンガーとゲッコウガの相性補完を利用して流す。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812181358p:plain入り

出…f:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain@1

こちらもビビヨンが通ることが多い。必ずミミッキュ受けがいるので、そこをビビヨンの餌にすれば勝てる。 ナットがいる場合はゲンガーやカビゴンで削るなどしたい。

 

vsギミック系統

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plain@1

 ゲコの挑発やミミッキュの呪い、トリルで頑張る。

 

 

<雑感>

今回はシーズン11で一貫して同じ構築を使い続けましたが、ゲンガーの気合玉、同速勝負、ビビヨンで最速起きを考慮しないなど、運に頼らざるを得ない場面が多く、安定した構築とは言えませんでした。しかし、ゲンガーとビビヨンの組み合わせで幅広い範囲のポケモンを見れたり、ランドのゴツメやカビゴンの型がうまく機能していたりと、良い点も多かったです。それ故、最終日にずっと潜り続けていても、一度も1900を切らず、1900帯で持ちこたえることができました。最高レートは目標に達していませんでしたが、今シーズンをこの構築で突き通せて楽しかったです。もしマッチングした方がいたら、ありがとうございました。来シーズンもがんばりましょう。

 

<戦績>

TN: Xe 最高2017、最終2002

 最終レートは、最後確認しようとしたらマッチングしてしまい、それに気付かず切断してしまったので実際は1987で終わってます…。おまけに(サークル用アカウントで)キャスをしていたので最高、最終ともに画像も撮ってません。

代わりに2000達成のときに撮った画像を載せます。これも映りよくないですが…。

最終的には118勝67(66)敗でした。

f:id:scanpoke777:20180904141542j:plain

 

 

<第4回ホズラッシュの構築、戦績> 

構築↓

f:id:scanpoke777:20180904142138p:plain

戦績↓

f:id:scanpoke777:20180904142156p:plain

もうひとりレートが同率の方がいましたが、1位でした。ミミッキュとランドはほとんど出していなかったので、選出の殆どがf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180813012729p:plainでした。対戦した方および運営の方々は改めてありがとうございました。次回のホズラッシュも参加させていただきます。

 

<おまけ>

f:id:scanpoke777:20180904102710j:plain

7月のテスト期間、勉強の息抜きとしてビビヨンGTS厳選をしていました。画像のビビヨンは全員臆病個体で、上6体は育成済みです。数々の伝説ポケモン、育成済み個体、大学の単位など、さまざまな"犠牲"がありましたが、コレクション及びレート用として楽しむことができました。レートで雅を使ってるやつは雑魚w。

ビビヨン使いのみんなも模様にこだわろう!

 

twitter: @scanpoke777

対ビビヨンキャラランク

自分用も兼ねて。だいたい使用率が高いポケモンだけ。横の並び順は適当。

随時更新

 

S(いるだけで出したくない)

カプ・コケコ、メタグロスマンムーオニゴーリ

 

A(いても出せるが厳しい)

リザードンバシャーモハッサムマリルリカイリューパルシェンナットレイ

 

B(まあしんどいが立ち回りや運次第で何とかなる)

カプ・レヒレミミッキュウツロイドアシレーヌジャラランガ、ガルーラ、ルカリオ

 

C(対策に見えて対策になってない)

カミツルギ、(滅び)ゲンガー、草ポケモン全般

 

G(特定の型なら十分な対策になる)

身代わりバンギラス、岩封グライオン剣舞ギルガルド、身代わりテッカグヤ、身代わりヒードラン、瞑想ラッキー(?)、任意のラム、ゴーグル持ち

 

 

 

要は先制技がしんどい。ゴーグルは本当にムリなのでやめてください。