【S13 最終日使用構築】マンマンママンガルド【最高2066, 最終2027】

シーズン13お疲れ様でした。本当は潜るつもりがあまり無かったのですが、サークル仲間が初2000に乗せているのを見て、モチベが湧いたので潜ってました(おめ)。1850からスタートして、2000を超えることができたので、記事に残します。

構築名は言いたいだけです。

f:id:scanpoke777:20190108195250p:plain

 

【USMs8】ママンマンダミミガルド改【p2オフ優勝】 - トライポカロンマスタークラス

オフでずっと使ってるこの構築を使いました。レートも何度か潜っていたのですが、結果を残せたのは今回が初めてです。

<構築経緯>

構築経緯は上の記事とそのリンク先に書いてあるので簡易的にします。

まずママンボウを使うところからスタート。組ませる鋼枠として、先制技で誤魔化しができ、一貫性の高い技で相手に負担をかけていきやすいギルガルドを採用しました。次にメガ枠として、地面への役割分散が可能なボーマンダを採用、型はサイクルがしやすく鋼を燃やせる特殊型。ミミッキュ枠としてミミッキュも採用、ママンボウが起点にありえんなりやすいのでそれのケア。あとは電気に強い地面枠が欲しかったので先制技での誤魔化しも効くマンムー、ゲコやリザYが重いのと受けサイクルがきつめなのでスカーフヒトムを採用してパーティ完成です。

 

f:id:scanpoke777:20180812173934p:plainボーマンダ@メガ石

メガ後実数値 171(4)-x↓-150-172(252)-110-189(252)↑

技 流星群/ハイボ/文字/羽休め

 

流星採用の特殊マンダ。相手のマンダを上からワンパンできる流星は強く、対マンダ軸への勝利に最も貢献してくれました。実際最終日当たったカバマンダ系統への勝率は100%でした。流星マンダミラーは同速勝ちと流星かわしでケア(パンチの絵文字)。

構築的にリザYがきついので、今期散見された捨て身流星の両刀マンダもありかなと思いましたが、カグヤやグロスを考えると炎技の火力を落としたくないので見送りました。放射から文字に変更したのもそのためです。

 

 

f:id:scanpoke777:20190108201340p:plainマンムーとつげきチョッキ

実数値 197(92)-194(212)↑-100-x↓-106(204)-100

地震/つぶて/がんぷう/叩き

 

今では珍しくなったチョッキマンムー。初手ゲッコウガに対して突っ張ってまあまあ勝てるのが強い。負けそうでも水技のダメージで控えめっぽかったらマンダバックの選択も取れます。カバマンダ系統は初手にゲッコウガを置かれることが多かったので、よく合わせてました。

またチョッキを採用したことによりウルガモスを後出しから相手できるようになったり、特殊に対し何度かサイクルを回せるのがえらかったです。たまーにマンボウの願い事で回復させるのでそれとの兼ね合いもよき。ちなみに調整は忘れました。とりあえず火力高くて助かることは多かったです。

相手の積み展開系(ギャラアゴなど)へは初手にマンムーを置いてがんぷう連打からミミッキュに繋ぐことで楽に勝てました。後述するミミッキュは非常に積みポケモンに強い型なので、行動保証を与えるためにもがんぷうは必須です。

 

 

 

f:id:scanpoke777:20190108201417p:plainママンボウ@ゴツメ

特性 再生力

実数値 246(44)-x↓-143(236)↑-60-94(228)-85

技 どくどく/熱湯/願い事/守る

 

Dにも厚く振ったママンボウ。耐久の目安としてはC155ゲッコウガの悪の波動が30.8~36.5%、A197メガグロスの雷パンチが41.4~49.5%といった感じです。単水なのと特性により色んなポケモンをごまかせますが起点になりやすいのでそこは注意。毒さえ入れれば裏と絡めて大体のポケモンはなんとかなります。

願い事という技がとても偉く、裏のポケモンを安全に受け出せるのはもちろんですが、自身の行動保証にも使えます。例えば有利対面で相手のテテフバックに願い事を合わせたとすると、次のターン自分はギルガルドバックの選択だけでなく、突っ張って毒を入れる択も取れます(メガネ以外ならサイキネは願い事プラス再生力で回復可能)。テテフに毒が入ればママンボウでも最低限みることできるし、見えやすいギルガルドバックに合わせてリザが出てきたりしてかなりのアドが取れます。このように不利なポケモンにも一発耐えるなら毒を入れに行くムーブが願い事によって可能になるわけです。実際このムーブは良くしました。

技をうずしおから熱湯に変えました。挑発ギャラやクチートに対し圧力をかけられるという点で優秀でした。ちなみにギャラはどくどくではなく熱湯から入ります。挑発があれば打ってくるし、どくどくは一舞後でも間に合うからです。ただし他のポケモンには極力どくどくを撃ちましょう。

 

 

f:id:scanpoke777:20190108201345p:plainヒートロトム@スカーフ

実数値 125-x↓-127-172(252)↑-128(4)-138(252)

技 ボルチェン/オバヒ/めざ氷/トリック

 

スカーフ枠。地面にボルチェンを受けられることが怖かったので選出は控えめ。マンボウとサイクルするときは比較的よく出したと思います。

このポケモンを採用した理由はリザYの炎に受け出せることと受けサイクルに抗えることが大きいです。後者について言えば、ポリ2かなんかの対面でトリックを打てばだいたいポリ2かグライに通るので、こちらのギルガルドで崩しに行きやすくなります。一回スカーフポリ2とグライオンに普通にサイクルされて負けてほんまかってなりましたが、そこそこ受けサイクルへの勝率を上げてくれたと思います。

 

f:id:scanpoke777:20190108201430p:plainミミッキュ@ミミZ

実数値 131(4)-142(252)-100-x↓-125-162(252)

技 じゃれつく/影打ち/呪い/守る

守る採用の呪いミミッキュ。呪い身代わりが受けの駒に強いなら、呪い守るは積みポケに強いです。というのも、相手の竜舞や蝶舞に合わせて呪い→攻撃技に対して守る→影打ちをすれば裏の先制技圏内になったり、呪い→守る→裏を捨てる→死に出し守る→影打ちでZも皮を残しつつ突破できるからです。木の実持ちの積みポケ、つまりガモスなんですが、それも皮が残っていれば1・1が取れるし、皮が残っていなくてもガルドやマンムーでなんとかできます。唯一起点にされるのは回復技持ちかつS上昇積み技持ちのボーマンダなんですが、そこはZを残す立ち回りをしたりこちらのマンダとうまく対面させたりして処理します。ステロ一回+プラマイ0恩返しならマンダが耐えてくれることも頭の中に入れておきます。

また積みポケ以外にも見えない守るは確実に通るので強引に削りに行く事もできます。またロップの猫に合わせて守るを決めて拾った試合もあり、優秀でした。使ったひとにしか強さが実感できないのでぜひ使ってあげてください。

ちなみに最速なのは相手の削れたミミッキュを影打ちで処理することが多いからと、テテフの上を取りたかったからです。

 

f:id:scanpoke777:20190108201359p:plainギルガルド@霊プレート

シールド実数値 167(252)-70-170-112(252)↑-171(4)-72↓

技 シャドボ/どくどく/影打ち/キンシ

 

テテフに強い鋼枠。相手に負荷をかけやすいプレートを持っています。ガルドのシャドボ耐えのテテフの調整を崩すことができたり(あまり実感はないですが)、HBドヒドイデに対しシャドボが半分以上入ったり、カグヤへの負荷を大きくしたりと使い道は色々ありました。一応影打ちのダメージも上がっていますがそれは微々たるものなので、それに期待して立ち回るのは控えました。初めは残飯にしてましたがそれよりもカグヤへの負荷を優先したい場面が多かったのでこちらのほうが良かったです。ゴーストZも受け単にミミッキュと持ち物が被るのと、特にサイクルに対して立ち回りが怪しくなってくるで採用しませんでした。

 

<選出、立ち回り>

vsカバマンダ

選出:マンムーミミマンダ

ゲッコウガがいたらだいたい初手に来るのでマンムーで頑張って勝ちましょう。上にも書いたとおり控えめっぽかったらマンダバックの選択もありえます。初手カバルドンは叩きと地震打ってマンムーを寝かせばごまかせます。大体締めはマンダに流星撃って勝ちです。勝率はかなり高いほうです。

 

vsヒトムレヒレグロス

選出:ヒトムミミマンダ、マンムーミミマンダなど

ヒトムもレヒレもきついので頑張って対面で打ち合うことで削りましょう。マンダを通せれば勝ち。レヒレがいないならマンボウを出してヒトムを誤魔化しに行きます。

 

vsテテフリザ

選出:マンボウガルドヒトムなど

マンボウがリザのソラビを一発耐えることを頭に入れながら頑張りましょう。初手テテフマンボウ対面守るをしてシャドボを打たれたらアド。

 

vs受けサイクル

選出:ヒトムガルドマンダ、マンムーガルドマンダなど

グライ絡みは前者、カグヤ絡みは後者。

 

 

<戦績>

最高2066、最終2027(110位)

f:id:scanpoke777:20190108221411j:plain

オフでの戦績は上のリンク先の記事に書いてあります。書くのめんどくさい

 

 

シーズン13お疲れ様でした。このパーティで2000に行けるとは正直期待してなかったので良かったです。来シーズンはレート期間がいつもより一ヶ月長いらしいので2100目指したいなあと思ってます。モチベがあればいいですが。

 

 

 

【S13 中盤使用構築】サイクル偽装マリゲンポリ2【最高2030】

f:id:scanpoke777:20181228020550p:plain

 

<構築経緯>

ゲンガーの影踏みや鬼火で起点を作り、積みポケモンで抜いていく、また積みポケの障害となるポケモンをゲンガーで処理をしていくのが強いと思い、構築を組んだ。積みエースとして、ゲンガーと相性補完の良いテッカグヤを選択した。次にステロ要因としてカバルドンを採用。またテテフをゲンガーとの並びで処理できる蜻蛉ゲッコウガ、炎への対策兼第2の積みエースとしてマリルリを採用した。ラストに不毛なゲンゲン同速を避けたり、色々ごまかすためにパーティと相性補完も良い電磁波ポリ2を採用。

 

結果としては対面で削ったり起点を作るなどしてマリルリを通す構築に落ち着いた。

 

 

<型と調整>

ゲンガー@メガ石

・メガ後実数値 167(252)- x↓ - 100 - 191(4) - 115 - 200(252)↑

・技 祟り目 / ヘド爆 / 鬼火 / 守る

普通の鬼たたゲンガー、ゲッコウガとの並びでテテフを処理できるよう守る採用。ギルガルドにも抗える。

 

カバルドン@フィラのみ

・実数値 212(228) - 132 - 156(28)↑ - x↓ - 124(252) - 67

・技 地震 / ステロ / あくび / 吹き飛ばし

リザYが重いのでDに厚くした。

 

ポリゴン2@輝石

・特性 ダウンロード

・実数値 189(228) - x↓- 110 - 172(252)↑ - 115 - 84(28)

・技 トラアタ / シャドボ / 冷ビ / 電磁波

ゲンガーと合わせてテテフやリザYを処理するための電磁波、S。ガルドにも電磁波を入れれば祟り目で処理可能になる。多くのポケモンを対面で削ってマリルリ圏内にするためにC特化。

 

マリルリ@オボンのみ

・特性 力持ち

・実数値 194(148) - 112(252)↑ - 100 - x↓ - 101(4) - 83(100)

・技 アクジェ / じゃれ / 叩き / 太鼓

太鼓を積んでポリ2をじゃれで処理する流れが多かったのでこのS。一回身代わりポリ2(速いポリ2)にボコられたのでDL対策はすべき。このポケモンを通して勝ちな試合が非常に多く、環境に刺さってるなと感じた。

 

テッカグヤ@飛行Z

・実数値 173 - x↓ - 123 - 171(228)↑ - 124(20) - 113(252)

・技 エアスラ / 宿り木 / 身代わり / ボディパ  

初めて使うので知らなかったが、抜きエースというより低速サイクルへ刺すポケモンだなと思った。低速サイクルはこいつとマリルリのどちらかを通して勝つ。そのときはだいたい両選出する。

 

ゲッコウガ@タスキ

・特性 激流

・実数値 149 (12) - x - 87 - 170(252) - 91 - 173(244)

・技 熱湯 / 冷ビ / 手裏剣 / とんぼ

素のテテフより速くてとんぼを撃てる悪を探したらこのポケモンになった。相手のゲッコウガの下からとんぼをし、ゲンガーで処理する動きをするためにSを落としたが、タスキが潰れる方が嫌なことが多かったので要検討。

バナ入のパーティへはゲンガーでバナを処理してマリルリを通すのだが、その際こいつの熱湯火傷に助けられることが多かった。

 

<きついポケモン

ギルガルドリザードンボーマンダメタグロスカプ・テテフ

あまりに欠陥

 

<戦績>

画像はないですが、サークルの忘年会でのせた2030が最高レートです。少し酔ってたのでガイジプレイングしてたらすみません。

2000にのったときの画像はあります。

f:id:scanpoke777:20181228020639j:plain

この構築での最終レートは1885くらいでした。今季まだ潜るかもしれないし、潜らないかもしれない。

誰か改善して結果残してくれると助かります。

 

 

【USMシーズン11】ゲンガービビヨンwithノーマルZカビゴン【最高2017、最終2002】

こんにちは、キャルです 。

シーズン11でレート2000を超えられたので、ここに構築を記します。

 

f:id:scanpoke777:20180813004040p:plain

<構築経緯>

この構築はシーズン9で使用していたガルーラゲンガーの対面構築(f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180813012729p:plainf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain)をいじったものとなります。

まずミミッキュが重かったので選出の機会が少なかったガルーラをHB木の実ランドロスに変更。f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180813012729p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

このパーティで第4回ホズラッシュに参加してみたところ、見事優勝することができたので、今期使おうと決めた。(ホズラッシュでの構築、戦績は記事の最後の方に載せてあります。)

その後何戦かレートで回してみたところ、ゲンガーのシャドボを耐えるメタグロスがとても重かったので、ランドロスをゴツメに変更。

さらに構築単位で非常にリザYが重かったので、あまり出す機会のなくなっていたバシャーモを厚い脂肪ノーマルZカビゴンに変更。f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

他にも途中でミミッキュの型やゲッコウガの技構成を変え、しっくりきたので本構築が完成。

 

 

参考 シーズン9のパーティ

http://scanpoke777.hatenablog.com/entry/2018/04/29/170702

 

<コンセプト>

・こごかぜからビビヨンを通す

・ランドカビで大まかに削りを入れ、ゲンガーを通す

 

 

<個別紹介>

f:id:scanpoke777:20180812155550p:plain

調整

H:16n+1

Sぶっぱ、残りC

 

カバを起点にできるのが偉い。また、+1暴風でレヒレをほぼ確定2発で落とせる。

強力な勝ち筋となるので対低速サイクル以外にもバンバン出します。

辛いGTS厳選でこの花園模様を手に入れたのでとても愛着がある。ランドと組ませれば理想の花園ランドが作れるぞ。

 

f:id:scanpoke777:20180812155603p:plain

調整

バシャのフレドラ耐えるやつ

 

バシャーモ、雨、ギミック系統対策としてAB呪いトリルで採用。積みサイクルチックな構築にもトリルによってカビゴンと合わせて強力な切り返しが出来る。

 

 

f:id:scanpoke777:20180812155616p:plain

調整

CSぶっぱ、あまりD

 

構築の要。ビビヨンと並べておけばスカーフに臆することなくランドやガブへ突っ張れるのが強い。

ナットやバンギの打点として気合い玉は必須。

今どきヘドウェゲンガー持ってないやつとかおるw?僕はサークルの先輩から借りました(ありがとうございます)。ヘド爆と違ってレヒレを乱数で落とせるようになる上、ビビヨンの起点にしたいポケモンに対して毒にしてしまうのを恐れて打つのを躊躇する必要も無い。

 

f:id:scanpoke777:20180812155638p:plain

調整

自爆Z入りの記事の調整を参考にしました。H≒B+D

 

最近流行りの自爆Zカビゴンだが、特性による炎耐性、きついナットへの炎打点、あくびによる対面操作からの削り、あくび自爆からビビヨンへつなげられるなど、あらゆる面で構築とマッチしていた。

努力値が余っているのでsに振ったほうがいいと思う。

 

f:id:scanpoke777:20180812155649p:plain

調整

HBぶっぱ、あまりS

 

グロスを最低限ゲンガーのシャドボ圏内に押し込めるゴツメで採用。ガルーラにも強い。

暇なときステロを巻くことでゲンガーで全抜きする体勢を整えられる。

ビルドアップが無いせいでミミッキュに2舞されるとワンパンされるため、ゲンガーミミッキュ対面はランド即バックではなくこごかぜから入り、そこからランドバックする必要がある。

S-1の100族を抜くためにあまりをSに振っているが、あまり役に立ったことがないので他のところでもいいと思う。どうせ相手のランドロスの下から蜻蛉は打てないのでどこを振っても同じ。S個体値低いやつを持っていないだけですが。

 

 

f:id:scanpoke777:20180812155654p:plain

調整…CSぶっぱ、あまりB

 

アゴやマンダの上からこごかぜを打つため臆病。無振りテテフを通常+激流発動状態で倒せるよう波乗りを水技として採用。

こごかぜのおかげでアゴジャラランガにも強くなった。 ビビヨンとのシナジーもある。

 

<選出・立ち回り>

大まかな選出はf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainが多いです。

以下の構築相手には だいたい以下の選出、立ち回りで行きます。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812173922p:plainf:id:scanpoke777:20180812173934p:plainf:id:scanpoke777:20180812173942p:plainf:id:scanpoke777:20180504212125p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plain

 多分不利マッチ。コケコが出てこなかったり、早めにコケコを落とさせてくれることが多かったりするのでビビヨンが通ることがままある。どの選出をしても勝率はそこまで高くないです。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812173934p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

初手襷ゲコゲコ対面ができやすい。水技を打ち合う途中でこごかぜを打てばそこからビビヨン展開に持ち込める。 ゲコゲコ対面に勝てそうならそのまま勝つのがベストだが熱湯の火傷や手裏剣の回数を考えると安定しないのでビビヨン展開に持ち込んだほうが良い。その際は相手を激流圏内に入れないようにする。

ただ相手の裏にコケコがいる場合を考えるとあまり安定はしない。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812174351p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain@1

ランドでグロスを削ってゲンガー圏内にする。裏にミミッキュがいそうならランドに役割集中されないように@1を絡めてグロスを処理する。 

 

 

vsf:id:scanpoke777:20180812173922p:plainf:id:scanpoke777:20180812174709p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

裏にテテフがいることが多いのでこの選出。リザYがしんどいが、ビビヨンでなんとか頑張りたい。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504213527p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

 ランドの威嚇とんぼを絡めてゲンガーのメガおよびロップの処理を狙う。途中受けポケが来たらビビヨン展開にシフトする。機械的に勝てるためかなり有利マッチ。

 

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plain

 上手くゲンガーをランドの前に着地させればかなり有利になる。ガルーラはランドのゴツメに触らせればよいが、削られすぎると裏のミミッキュが通ってしまうので、カビゴンのZやゲンガーで処理するなど上手く立ち回る。

ガッサ入りには次のパターン

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812175551p:plain

 出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plain+f:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain

ゲッコウガとゲンガーでガッサを処理する。あとはビビヨンを通すかゲンガーランドで詰める。

基本ガッサ入りにはゲッコウガから入り、ゲンガーとセットで処理したい。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

構築的に、起点を作りさえすればビビヨンが容易に通ることが多いのでそれを狙う。 初手ゲンゲン同速対決を避けるためにカビゴンを出すのもアリ。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812175231p:plain

出…主にf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plain

ゲッコウガミミッキュランドロスから一体は出す。元々相性が悪いが、バシャナットならかなり構築相性が悪くなる。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504212023p:plainf:id:scanpoke777:20180812175534p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812175551p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainorf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plain

基本的にはビビヨンで勝てる。裏にリザがいる場合はXでかつ選出される事が多いので ビビヨンの代わりにランドを出すと安定する。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812180021p:plainorf:id:scanpoke777:20180812180035p:plain+f:id:scanpoke777:20180812180143p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

初手でゲンガーをメガ進化させ、ラグに対してはミミッキュ後投げからのトリルで切り返す。裏のナットは呪い+気合玉で頑張って処理。上手くビビヨンを通しに行けば勝てる。ただラグに身代わりがある場合若干厳しくなる。

別の選出の候補として、ゲンガーの代わりにカビゴンを出すと裏のナットを削りやすい。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504214304p:plainf:id:scanpoke777:20180812180246p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain@1など

基本ランドを出せば何とかなる。ドリュウズ剣舞されないよう立ち回る。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812173922p:plainf:id:scanpoke777:20180812180246p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plain@1など

カバ展開を阻止すればオーケー。先にビビヨン展開すれば勝てるかもしれない。

 

 

vsf:id:scanpoke777:20180812180124p:plainf:id:scanpoke777:20180812180134p:plain

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

 ゲコとゲンガーで展開阻止しつつ起点を作り、先にビビヨンを通しに行けば勝てる。挑発ギャラの最速起きは考慮しません。

 

vs受けループ

出…f:id:scanpoke777:20180812174131p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

カビゴンであくびを絡めて雑に削ってゲンガーかビビヨンを通せば勝てる。基本ビビヨンで全員倒せる。 ヌオー入りは少し厳しめ。

 

vsf:id:scanpoke777:20180504211946p:plain入り

f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain

ビビヨンが通ることが多いので、スカーフテテフの一貫ができる前に起点を作ってビビヨンを通す。ゲンガーとゲッコウガの相性補完を利用して流す。

 

vsf:id:scanpoke777:20180812181358p:plain入り

出…f:id:scanpoke777:20180504212015p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plain@1

こちらもビビヨンが通ることが多い。必ずミミッキュ受けがいるので、そこをビビヨンの餌にすれば勝てる。 ナットがいる場合はゲンガーやカビゴンで削るなどしたい。

 

vsギミック系統

出…f:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plain@1

 ゲコの挑発やミミッキュの呪い、トリルで頑張る。

 

 

<雑感>

今回はシーズン11で一貫して同じ構築を使い続けましたが、ゲンガーの気合玉、同速勝負、ビビヨンで最速起きを考慮しないなど、運に頼らざるを得ない場面が多く、安定した構築とは言えませんでした。しかし、ゲンガーとビビヨンの組み合わせで幅広い範囲のポケモンを見れたり、ランドのゴツメやカビゴンの型がうまく機能していたりと、良い点も多かったです。それ故、最終日にずっと潜り続けていても、一度も1900を切らず、1900帯で持ちこたえることができました。最高レートは目標に達していませんでしたが、今シーズンをこの構築で突き通せて楽しかったです。もしマッチングした方がいたら、ありがとうございました。来シーズンもがんばりましょう。

 

<戦績>

TN: Xe 最高2017、最終2002

 最終レートは、最後確認しようとしたらマッチングしてしまい、それに気付かず切断してしまったので実際は1987で終わってます…。おまけに(サークル用アカウントで)キャスをしていたので最高、最終ともに画像も撮ってません。

代わりに2000達成のときに撮った画像を載せます。これも映りよくないですが…。

最終的には118勝67(66)敗でした。

f:id:scanpoke777:20180904141542j:plain

 

 

<第4回ホズラッシュの構築、戦績> 

構築↓

f:id:scanpoke777:20180904142138p:plain

戦績↓

f:id:scanpoke777:20180904142156p:plain

もうひとりレートが同率の方がいましたが、1位でした。ミミッキュとランドはほとんど出していなかったので、選出の殆どがf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180812174152p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180813012729p:plainでした。対戦した方および運営の方々は改めてありがとうございました。次回のホズラッシュも参加させていただきます。

 

<おまけ>

f:id:scanpoke777:20180904102710j:plain

7月のテスト期間、勉強の息抜きとしてビビヨンGTS厳選をしていました。画像のビビヨンは全員臆病個体で、上6体は育成済みです。数々の伝説ポケモン、育成済み個体、大学の単位など、さまざまな"犠牲"がありましたが、コレクション及びレート用として楽しむことができました。レートで雅を使ってるやつは雑魚w。

ビビヨン使いのみんなも模様にこだわろう!

 

twitter: @scanpoke777

対ビビヨンキャラランク

自分用も兼ねて。だいたい使用率が高いポケモンだけ。横の並び順は適当。

随時更新

 

S(いるだけで出したくない)

カプ・コケコ、メタグロスマンムーオニゴーリ

 

A(いても出せるが厳しい)

リザードンバシャーモハッサムマリルリカイリューパルシェンナットレイ

 

B(まあしんどいが立ち回りや運次第で何とかなる)

カプ・レヒレミミッキュウツロイドアシレーヌジャラランガ、ガルーラ、ルカリオ

 

C(対策に見えて対策になってない)

カミツルギ、(滅び)ゲンガー、草ポケモン全般

 

G(特定の型なら十分な対策になる)

身代わりバンギラス、岩封グライオン剣舞ギルガルド、身代わりテッカグヤ、身代わりヒードラン、瞑想ラッキー(?)、任意のラム、ゴーグル持ち

 

 

 

要は先制技がしんどい。ゴーグルは本当にムリなのでやめてください。

【S9使用構築】ゲンガーランドゲッコウガwith妖Zコケコ【最高2083】

こんにちは、キャルです。

USMシーズン9で自己最高レートを出すことが出来たので記念に書きます。S10でも使おうと思ってましたが、S9のレートが最終的に18を切ってしまい完全に自身を無くして結局その後使うことが無くなったので公開することにしました。

 

以下常体

 

~パーティ概略~

 f:id:scanpoke777:20180504205753p:plain

 

~構築経緯~

【S7使用構築:最高2100】ゲンガーランドゲコ盤面コントロール with ガルミミガッサ - 絶対弱者 (※無断転載です。問題があったら消します。)

↑の記事を参考にし、f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504211946p:plainf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainで回してみたところ、f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainの並びが強力で、すんなりレート1900を達成できた。しかしf:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainではf:id:scanpoke777:20180504213527p:plain軸やf:id:scanpoke777:20180504212007p:plainf:id:scanpoke777:20180504213250p:plainf:id:scanpoke777:20180504211946p:plainなどが重く、それでいてf:id:scanpoke777:20180504211946p:plainf:id:scanpoke777:20180504211952p:plainf:id:scanpoke777:20180504212015p:plainを出しづらい状況が多かった。それゆえレートが行き詰まったため、f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainから組み直すことにした。まずf:id:scanpoke777:20180504212007p:plainf:id:scanpoke777:20180504213250p:plainf:id:scanpoke777:20180504211946p:plainに強く出れる電磁波恩返しf:id:scanpoke777:20180504212023p:plainを採用。ゲッコウガで崩せない鋼+水の並びを崩すコマが欲しかったので、f:id:scanpoke777:20180504213250p:plainに見た目強いこともありf:id:scanpoke777:20180504212043p:plainを採用。ここまででf:id:scanpoke777:20180504213527p:plain軸やf:id:scanpoke777:20180504214304p:plain、受けサイクルが厳しかったので瞑想妖Zf:id:scanpoke777:20180504212125p:plainを採用して完成とした(というのは嘘で、適当に瞑想妖Zf:id:scanpoke777:20180504212125p:plainを採用した所f:id:scanpoke777:20180504213527p:plain軸やf:id:scanpoke777:20180504214304p:plain、受けサイクルに強くなったというのが正しい)

 

完成形

f:id:scanpoke777:20180504211934p:plainf:id:scanpoke777:20180504212030p:plainf:id:scanpoke777:20180504211958p:plainf:id:scanpoke777:20180504212023p:plainf:id:scanpoke777:20180504212043p:plainf:id:scanpoke777:20180504212125p:plain

 

カプ・コケコ@フェアリーZ

f:id:scanpoke777:20180430012703j:plain

【特性】エレキメイカ

【性格】臆病

【実数値】145 - x - 105 - 147 - 96 - 200

努力値】0 - x - 0 - 252 - 4 - 252

【技】10万ボルト/マジカルシャイン/ボルトチェンジ/瞑想

<調整>

 CSぶっぱ余りD

 

最後に入ってきた枠だが、とてもハマった印象。

重いバンギへの打点としてフェアリーZを採用。瞑想+Zマジシャによりロップ軸などを崩せるようになったのも良かった。コケコを受けに来るポケモンはフェアリー耐性が無いことが多いので非常に刺さった。

10万とボルチェンもコケコ本来の強みを活かすために必須だったので、身代わりの入れる余地はなかった。というかそこまで打ちたい場面がない。

不意のスカーフさえ注意が必要だが、雑に使って強かった。

 

 

リザードン@メガ石Y

f:id:scanpoke777:20180430012739p:plain

 

【特性】猛火→日照り

【性格】控えめ

【実数値】185 - x - 113 - 156(211) - 106(136) - 125

努力値】252 - x - 118 - 100 - 4 - 36

【技】火炎放射/ソーラービーム/めざ氷/羽休め

<調整>

 はくしゃくさんの調整をそのまま使用させていただきました。

H-B:A216メガボーマンダの捨て身タックル確定耐え

C:めざ氷で無振りガブリアスを確定一発

S:最速テッカグヤ抜き

 

最後まで迷った枠。水+鋼を崩すために採用したが、バンギラスなど、取り巻きでうまく対処されてしまい、扱いが難しかった。

ステロを撒かれていてもサイクルを回せるように羽休めを採用した。羽休めのおかげでトリルアシレーヌに勝てた試合があったのでおそらく正解。ただよくよく考えたらこちらのパーティがそこまでサイクルを回せるようなパーティでないため微妙だったかも。使う機会もそんなない。

 

ゲンガー@メガ石

f:id:scanpoke777:20180430012728j:plain

【特性】呪われボディ→影踏み

【性格】臆病

【実数値】135 - x - 81(101) - 182(222) - 95(115) -178(200)

努力値】0 - x - 4 - 252 - 0 - 252

【技】シャドーボール/ヘドロ爆弾/凍える風/気合玉

<調整>

CSぶっぱ余りB 

 

フルアタゲンガー。技範囲が優秀で制圧力があった。ゲッコウガを上から叩け、スカーフゲッコウガにも物理型なら基本勝てるのも優秀。

技はシャドボ、ヘド爆、こごかぜは確定。ラスト一枠はゲッコウガを一撃で倒せる10万、エナボ、気合玉のうちから選択。コケコがいるため10万は欲しい場面がなく、エナボは初手ゲッコウガからカバルドン引きのムーブをカモれるが、ポリ2の加入により(?)その2体は同時に選出されなくなり、必要性を感じなかった。よって重いバンギやナットへの打点となることを評価して気合玉を採用した。

 終盤にゲンガーのシャドボを乱数で耐えてくるグロスが大量発生したので動きづらかった。

 

 

ポリゴン2@進化の奇石

f:id:scanpoke777:20180430012755j:plain

【特性】ダウンロード

【性格】腕白

【実数値】191 - 101 - 143 - x - 128 -81

努力値】244 - 4 - 156 - x - 100 - 4

【技】恩返し/イカサマ/電磁波/自己再生

<調整>

H-B:A156ミミッキュの+2専用Z確定耐え

H-D:C200カプ・テテフのPFサイコキネシス2発確定耐え

H:16n-1

B:11n

S:電磁波込みで最速テテフ抜き

A:余り、HBテテフに対し+1恩返しが大体乱2

 

重めなテテフの対策。よく初手にテテフを出されるので、初手に合わせに行って電磁波を撒いていく。ダメージ量とS関係で眼鏡、スカーフ、その他と判定できる。どの場合でも痺れるor挑発されるまで再生連打、痺れたら恩返しでそのまま突破orゲッコウガ引きで対応できる。挑発を入れられたら上手いこと裏の起点にされる可能性があるので注意が必要。

終盤増えた準速グロスと、電磁波を入れた際同速になってしまうので、Sにもう1だけ振った方が良かったかも。

重いガモスにも後投げから恩返しで勝てそうなのもよき(なおリザのおかげか出てこない)。

電磁波により対応範囲が広がるのみならず、パーティの安定性が増したので非常に良かった。

 

 

ランドロス@フィラのみ

f:id:scanpoke777:20180430012747j:plain

【特性】威嚇

【性格】腕白

【実数値】196 - 165 - 156 - x - 100 - 112

努力値】252 - 0 - 252 - x - 0 - 4

【技】地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ビルドアップ

<調整>

H-B:ぶっぱ、A156ミミッキュの+1専用Z確定耐え

H:4n

S:余り、S-1の最速100族抜き

 

HBきのみランド。余りをSに振っているのは、HBランド同士で対面することがほぼ無い上、HB以外のランドは実数値114以上の個体しか見たことがなかったので、問題ないと判断したため(S個体値が低いのをもっていなかったのもある)。ガルーラに対し岩封一回で確実に上から動けるようになるのが良い。あとリザYにゲンガーのこごかぜと合わせてワンチャン勝てる。

クッションとしての性能が素晴らしく、ミミッキュランドロス後投げから後攻蜻蛉で

ゲッコウガの水Zで処理するムーブが非常に安定した。

またビルドアップを採用することでボーマンダに後投げからだいたい勝てるようになった。岩封→ビルド→地震ミミッキュを対面処理する動きも強い。終盤の詰めとしても使える優秀な技だった。

 

 

ゲッコウガ@水Z 

f:id:scanpoke777:20180430012723j:plain

【特性】激流

【性格】控えめ

【実数値】147 - x - 88 - 170 - 91 - 174

努力値】0 - x - 4 - 252 - 0 - 252

【技】ハイドロカノン/熱湯/水手裏剣/身代わり

<調整>

C:ぶっぱ、ZハイドロカノンでD4振りミミッキュに153~180ダメージ

 激流ハイドロカノンで晴れ下のD4振りリザYに158~188ダメージ

 Zハイドロカノンで晴れ下のD4振りリザYに140~168ダメージ(H無振りなら50%の乱数)

S:準速、最速105族抜き

B:余り

 

ミミッキュを一発で落とす控えめ水Z一択。Sを準速にした弊害はグロスルカリオ辺りだがその2体はゲンガーが強く出れるため基本控えめのメリットの方が大きい。

水の通りが良い選出をされたときの制圧力が凄まじい。

 ギルガルドヒードランなどの鋼に対し雑に受け出せ、大きな負荷をかけにいける点も優秀。

重い耐久ノーマルも崩せるのでパーティに無くてはならない存在だった。

 

~選出・立ち回り~

基本選出

ランドを挟みつつゲンガーとゲッコウガで制圧していく。カバマンダにはこの選出。

 

vs受けサイクル

コケコで上手く崩す。

 

vsアゴギャラ

コケコのフェアリーZでアゴを倒す(75%で落ちる)。もしくはゲンガーでアゴにこごかぜを入れてコケコで処理(この場合ギャラをフェアリーZで倒せる)

 

~終わりに~

この構築で自己最高レートを出すことが出来ましたが最終レートが1799な辺り、上振れのおかげだったのだと自分で思ってます。また参考にしたパーティの最高レート(2100)を超えることができなかったのも残念でした。S10では今度こそ2100を超えたいと思っています。ここまで読んでいただきありがとうございました。お疲れ様です。

 

戦績

最高レート:2083

最終レート:1799

f:id:scanpoke777:20180701105327j:image

 

 

【S9中盤使用構築】対面ガルゲンビビヨン改【2000達成】

こんにちは、キャルです。

シーズン序盤~中盤で回していた構築がレート1900前半で行き詰まったため、以前から考えていたシーズン6の構築の改案を回してみたところ見事レート2000を達成することが出来ました。

しかし同じパーティをサブロムで回していてもずっと2000に届かず1800~1900後半をうろうろしていたのと、他に試したい構築があったので、諦めて記事を公開することにしました。

 

以下 常体

 

<変更点>

f:id:scanpoke777:20171102174634p:plain

▲シーズン6

f:id:scanpoke777:20180429142139p:plain

▲今回

 

シーズン6の頃は誰がどう見てもコケコが重い。実際コケコが見えた途端に勝率が10%以下にまで落ちていた(気がする)。そしてシーズン7からカバマンダガルドが増加し、その並びにコケコがよくいるので、コケコ入りへの勝率を少しでも上げることが改案に求められた。

そこで思いついた案が、ゲンガーをタスキからメガに、ゲッコウガをZからタスキに変更することであった。これによりコケコ入りへの勝率を60%~70%ほどにまで高めることが出来た。ゲンガーは同速勝ちにより約50%で倒せ、ゲッコウガはタスキを盾に突っぱりボルチェンの裏から出てくるポケモンに激流波乗りで負荷をかけていく。またゲッコウガが挑発を持っているので、重かったギャラドスボーマンダの起点にならず、処理が楽になった。

他の変更点はガルーラを陽気から意地にしたことくらい。

 

※シーズン6の頃のパーティの詳細は以下参照

scanpoke777.hatenablog.com

 

<個別解説>立ち回り重視

 

ビビヨン@食べ残し

f:id:scanpoke777:20180429105906j:plain

【特性】複眼

【性格】臆病

【実数値】161 - x - 70 - 137 - 70 - 155

努力値】44 - x - 0 - 212 - 0 - 252

【技】暴風/眠り粉/身代わり/蝶の舞

<調整>

H:16n+1

S:ぶっぱ

C:余り

 

変更点なし。ゲンガーがメガになったことでこごかぜを撃てる範囲が広がったのと影踏みになったことで起点作り性能が上がったため、以前よりも出す頻度がかなり上がった。やはりミミッキュを起点に出来る性能が素晴らしい。

相手の裏に草タイプがいる場合はほぼほぼ即バックしてくるため、一旦身代わりから入るのが正解。他にも蝶舞を積んでおらず身代わりを残した状態でミミロップと対面したときは相手の身代わり警戒で眠り粉ではなく蝶舞から入るなど、意外と立ち回りを心がける必要がある。

このポケモンを使っているときが一番 "ポケモン" をしている実感がある。ギャラドス起点にするの楽し~。

 

バシャーモ@命の珠

f:id:scanpoke777:20180429112104j:plain

【特性】加速

【性格】うっかりや

【実数値】155 - 145 - 90 - 178 - 81 - 128

努力値】0 - 36 - 0 - 252 - 0 - 220

【技】大文字/飛び膝蹴り/めざ氷/守る

<調整>

 C:ぶっぱ

S:1加速で最速ゲッコウガ抜き

A :余り

 

変更点なし。このポケモンを出すときは基本的に終盤のお掃除として出す。S+1でコケコを抜けないが、Cに補正をかけないと文字でコケコを倒せないのでうっかりや一択。コケコに対して死に出しすることはほぼ無いのでこれで良い。

ちなみに2加速してもスカーフゲッコウガを抜けないのでそこらへんは上手く立ち回る。

また最近よくあるH-D:197-130マンダにめざ氷が84~100.5%で基本落とせないため、マンダはゲンガーでこごかぜをすることを心がける(倒せないが、めざ氷圏内かつ加速の起点に出来る)。

・ガルーラ@メガ石

f:id:scanpoke777:20180429114329j:plain

【特性】肝っ玉→親子愛

【性格】意地っぱり

【実数値】181 - 161(194) - 100(120) - x - 100(120) - 142(152)

努力値】4 - 252 - 0 - x - 0 - 252

【技】捨て身タックル/炎のパンチ/不意打ち/グロウパンチ

<調整>

 ASぶっぱ余りH

 

性格を陽気から意地に変更。準速にしたことにそこまで不便を感じず、火力があって助かった場面が多かったので、正解だったと思う。

ゲンガーとの2メガになったことで選出率は下がった。主に低速気味のサイクルや積み展開系に出していく。特にバンギ軸。

受けルや低速サイクルはビビヨンと合わせてほぼ確実に勝てる。

 

・ゲンガー@メガ石

f:id:scanpoke777:20180429143949j:plain

【特性】呪われボディ→影踏み

【性格】臆病

【実数値】135 - x - 81(101) - 182(222) - 95(115) -178(200)

努力値】0 - x - 4 - 252 - 0 - 252

【技】シャドーボール/ヘドロ爆弾/凍える風/気合玉

<調整>

 CSぶっぱ余りB

 

タスキからメガに変更。コケコに同速勝負を仕掛けられる。メガにしたことで対応範囲が格段に広がったように感じた。特にゲッコウガに強くなったのが良き。ビビヨンとの相性もさらに良くなった。

基本2番手として出し、初手のゲッコウガで削りを入れたポケモンを倒しつつ後発のバシャやビビヨンへつなぐのが主な立ち回り。選出画面でそのムーブが描けるかを考えていく。

技に関してはシャドボ、ヘド爆、こごかぜまでは確定。気合玉は鋼やノーマルへの削り及びゲッコウガへの打点として入れた。重いロップに勝てるようになる「守る」も一考。

 カードの絵、めっちゃイキってて好き。

#ロップに素ゲンガー投げて恩返し呪ってビビヨンで蝶舞

 

ミミッキュミミッキュZ

f:id:scanpoke777:20180429150351j:plain

【特性】化けの皮

【性格】意地っ張り

【実数値】155 - 143 - 118 - x - 126 - 118

努力値】196 - 156 - 140 - x - 4 - 12

【技】じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

<調整>

 だいたいABミミッキュ。ちょっと速い。

 

 変更点はHとSを上げてBを下げたことだがQR的には変更なし(前の記事のQRは同じ調整)。ややこしい。

 正直一番型に迷ってた。ただバシャに対して安心して繰り出せるのでその点ではABで良かったかも。前のはマンダが重かったためフェアリーの方のZ一択だったが、メガゲンガーのおかげでマンダをミミッキュで見る必要がなくなったため、どっちのZがいいか今でも分からない。

 皮による行動保証が優秀だが、明確な役割があまりないので割と出しづらい。バシャを重く見る時によく出す印象はある。ゲッコウガがZじゃなくなったので一緒に出しやすくなった。というかほぼほぼ一緒に出してる。

対策されすぎてて動きづらいの一言。

 

ゲッコウガ@気合の襷

f:id:scanpoke777:20180429152019j:plain

【特性】激流

【性格】臆病

【実数値】147 - x - 88 - 155 - 91 - 191

努力値】0 - x - 4 - 252 - 0 - 252

【技】波乗り/悪の波動/水手裏剣/挑発

<調整>

 CSぶっぱあまりB

 

激流水Zのキャノンゲッコウガだ!とか言ってドヤってたけど思いの外他に使ってる人が多くて萎えたのでタスキに変更。これによりコケコ入りをコケコの裏から負荷をかけていって実質2-2の状態でゲンガーコケコの同速勝負に持ち込ませることが出来る。

一貫性を取っていれば激流波乗り&手裏剣の削り性能はやはり素晴らしい。

ゲンガーと共に出す場合…バシャを重く見る場合以外は基本初手に出して削りにいく。初手ミミッキュ対面は悪波から入り、怯むor剣舞なら波乗り+手裏剣で落としに行く(手裏剣3~4発なら落ちる)。じゃれから入ってきたら剣舞警戒で波乗りを撃つ。倒されたら裏のゲンガーで落としに行く。相手の二番手ミミッキュは、こちらの裏がゲンガーバシャーモなら手裏剣で削る。ゲンガービビヨンなら剣舞がきついため挑発から入り、ゲンガーのこごかぜでビビヨンへとつなぐ。

ガルーラと共に出す場合…初手に出し、挑発を絡めて耐久ポケをガルーラ圏内に入れるか、終盤の詰めとして後発におく(この場合はガルーラを初手から投げて良さそうなとき)。

このパーティに出てくる初手ゲッコウガは9割方スカーフなので、初手ゲッコウガ対面は迷わず波乗りを押してとんぼの裏から来るポケモンに負荷をかける。相手のスカーフゲッコウガ自体は裏のメガゲンガーで処理が可能。なんならこごかぜ2回入れてビビヨンの起点にしていく。初手コケコ対面も同様。ボルチェン、とんぼからマンダ出すガイジやめろ。

挑発が非常に優秀で、ギャラやマンダの起点回避のみならず、耐久ポケの回復技も封じる事ができる。対面構築ではかなり優秀な技だなと思った。

ちなみに対面構築にいるゲッコウガは99%水Zor激流タスキ、ここテストに出るよ。

 

<選出・立ち回り>

vsカバマンダガルドコケコゲッコウガ

選出:ゲッコウガ ゲンガー バシャーモ

100%初手スカーフゲッコウガorコケコなので、初手ゲッコウガで波乗りを撃って裏から来るカバを倒す。HDカバは落ちないがカバマンダのカバ(H-D:212-110)なら確定で落とせる。滅多にいないがマンダを出してくるやつには波乗り連打が多分正解。

カバと1-1を取ったらゲンガーを出す。ゲコorコケコが来たらそのまま倒す。マンダが来たらこごかぜでバシャ圏内に入れ、バシャで守るをはさみつつマンダを倒す(2加速した状態でゲコorコケコと対面させる)。ラストコケコには文字、スカーフゲコには3加速してないと抜けないので守ってから文字で勝ち。

 

vs低速サイクル、受けループ

選出:ガルーラ バシャーモ ビビヨン

グロパンガルーラで荒らして、バシャーモドヒドイデ呼んで、ビビヨンドヒドイデを嵌めて勝ち。岩封グライは負け。

 

vsロップ軸

選出:バシャーモorミミッキュ ゲンガー ビビヨン

ヒレがいたらほぼ負けだが、いなかったらワンチャン。頑張ってビビヨンで舞って勝つ。そもそも対面構築はロップ軸に弱いので勝てたらラッキー程度に考える。ゲンガーに守るを採用すれば余裕で勝てそうなので誰か試してみて。

 

 vsその他

通りに良い3体で対面の動きをすればいい。使ってみれば分かるが、かなりやることが分かりやすいと思う。

 

<きついの>

カプ・テテフ: スカーフだった場合勝率20%!w ゲンガーがタスキじゃなくなって重くなったポケモンの一つ。

 

カプ・レヒレ: バシャ、ゲコ、ビビヨンが止まる、出しづらい。ビビヨンは後出しレヒレに勝てはするが裏を倒せるわけでもないし、グロスかなんかに即バックされたら終わるから出せない。

 

ロップ軸: 前述の通り

 

 

ランドバシャカグヤ: ゲッコウガを上手く使わないと勝てない。選出はゲッコウガ ガルーラ ミミッキュになると思う。

 

ウツロ入り低速サイクル: 要はビビヨンウツロイドで止まるのでガルーラで頑張るしか無い。

 

雨パ: らぐにしゅりけんいっぱいあてよう

 

 

 

今回の構築はコケコを意識してシーズン6のパーティを改めたもので、タスキゲンガー+ガルーラという当初のコンセプトと違っているので改良とは言えません。実際この変更で重くなったポケモンもいます。ですが各ポケモンの強みを発揮しているという点は変わっておらず、動かしやすさも健在でした。今の環境に合っているのはどちらかというとこちらだと思うので、ぜひ下のQRを使ってみてください。一応S6の方のQRも載せておきます(既にたくさんのご使用ありがとうございます)。

 

3ds.pokemon-gl.com

▲今回の

 

▼シーズン6の

3ds.pokemon-gl.com

 

残りのシーズン9は別の構築で最高レート目指して頑張ります。それではまた。

 

<戦績>

TN キャノン:最高2001

f:id:scanpoke777:20180429170102j:plain

 

TN Xe:最高たぶん1975

 

 

【USMs8】ママンマンダミミガルド改【p2オフ優勝】

こんにちはキャルです。レートはあまり良くありませんでしたがもうパーティを解散するので記念として投稿します。以下常体

 

scanpoke777.hatenablog.com

前期のパーティ↑で、ニドクインランドロス(の型)がサイクルに組み込みにくく、選出の幅が狭かったため、その2体に変わる組み合わせを探した。その2枠に求めた条件として、

①コケコ等電気に厚い

ヒードランに強い

③崩しが出来る

④ポリ2に仕事ができる

⑤水にある程度の打点がある

⑥起点になりにくいor起点回避ができる

⑦リザYに強い

ゲッコウガを上から殴れる

⑨サイクル性能がある

 

 

 

特に前期のパーティではリザYが非常に重く、初手に出されただけでパーティが半壊していたのでそこを強く意識しました。要はニドクインランドロスが達成していた①~⑥の条件(⑤⑥は怪しいが)に加えて⑦⑧⑨の条件を達成できる2体を探した、というわけです。試行錯誤した結果スカーフヒトムとチョッキマンムーに決まりました。マンムーは地面Zにするか迷いましたが、電気への繰り出し性能を考えるとチョッキが安定していたのでこれで良かったと思います。

 

ミミッキュAS@ミミZ

じゃれ/影打ち/呪い/守る

 

ボーマンダCS@メガ石

流星/ハイボ/放射/羽

 

ヒトムCS@スカーフ

ボルチェン/オバヒ/めざ氷/トリック

トリックのおかげで受けルを崩すことが出来た 

 

ギルガルドHC@食べ残し

シャドボ/毒/影打ち/キンシ

 

ママンボウhBD@ゴツメ

毒/渦潮/願い事/守る

 

マンムーhAd@チョッキ

地震/つぶて/岩封/叩き

カグヤやポリ2への交換読み叩きがよく決まった。ギャラに舞われてもミミッキュで処理できるように岩封。

 

きついの

ミミッキュ…初手に出されてパーティ半壊

・バンギ…ヒトムのせいで前より出てくる。裏にミミッキュ受けがいたらオワオワリ

・サンダー…マンダを無限に受けられる 

ゲッコウガ…結局きつい

ミロカロス…やめて

イーブイバトンピクシー…対戦ありがとうございました

 

 

成績

レート…たぶん序盤の方にとった1907が最高で、最終は1799

f:id:scanpoke777:20180312002146j:image

ガバオフ(2/11)…5-3で予選落ち

p2オフ(2/17)…大阪府立大学p2ラボさんが主催する対戦オフです。5-2で予選抜け、優勝

 

 

同年9/18追記

ミニ京大カップ(4/22)…5-2(?)で予選抜け、トナメ1落ち

京大カップ(6/3)…5-2で予選抜け、トナメ3位

ガバオフ(9/16)…5-3で予選抜け、トナメ3位

下2つではガルドの持ち物を残飯から霊プレートに変更していました。

 

 

レートでは全然勝てずに病んでましたが、p2オフではオフで初めて予選を抜けて、かつ初優勝を遂げられて誇りに出来る結果となりました。対戦していただいた方、ありがとうございました。

 

QR

3ds.pokemon-gl.com

 

 

おまけ マンダマンムーママンボウ

 

    _人人人人人人人人_
    > マンマンマン <
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄